鍵盤ハーモニカの魅力 - 沖縄 ピアノ教室|にじいろMusicSchool

鍵盤ハーモニカの魅力

鍵盤ハーモニカの魅力

IMG_3649.JPG

にじいろMusic School では1年に1度の「発表会」で
小学校1年生〜3年生は ”必ず” 鍵盤ハーモニカで
有名曲の合奏(パート1〜3に分けて)をして頂いています。


第5回目となる今年は、
フランスのオペラ:カルメンより抜粋です。


音源は下記から






IMG_3832 (1).JPG


どうして、発表会で鍵盤ハーモニカの合奏をするの?
”ピアノの発表会”だから、個人演奏だけすればいいのでは?
そうお思いになるかもしれません



発表会に生徒さんがピアノ個人演奏だけする…
そうしなかったのには、理由があります。



当教室開校以前に…

「どういう風に生徒さんを育てて行こうかな」
「生徒さんにどのようにクラシックの魅力を知っていただこうかな」
「音の厚みを感じ取れるようになってほしいな」



…そんな事を考え、試行錯誤した結果、
しっくりきたのが鍵盤ハーモニカ合奏でした。



鍵盤ハーモニカは子どもにとって、手元で演奏でき、
また親しみやすく、自発的に練習しやすい楽器です。



そして、音色がアコーディオンに似ている為、
大人になっても手軽で活用しやすい楽器でもあります。



その上、発表会の際に指定されたクラシック曲を演奏する事で

「有名なクラシック曲を知り」
「その作曲者を知り」
「ドレミ唱で曲を覚える為、いつまでも音程を忘れない」
「ドレミ唱で歌う為、音感が良くなる」
「合奏する事で音の厚みを感じとれるようになる」
「お友達と合同練習する事で、ピアノ教室のお友達ができる」

 等々の効果が期待できるのです。


そんな意図があり始める事にしました



過去4回の発表会では、鍵盤ハーモニカ合奏の効果で
生徒さんは積極的に練習に取り組むようになり、
その子なりに挑戦できるようになりました

--------------------------------------------------------------------

今回改めて、鍵盤ハーモニカの魅力を皆さんにお伝えしようと
You tubeを検索したら。。。



プロのアーティストが演奏楽器として用いたり、
ピアノ講師として有名な方々が講師演奏で使用したり、
大勢のアーティストが演奏用楽器として用いていらっしゃいました。
(下記:オススメ動画)


リベルタンゴ






情熱大陸:ピティナステップ 講師演奏
     ※ピティナ=ピアノを学ぶ人をサポートする団体、コンクール等を運営



------------------------------------------------------------

今回の発表会に向けての合同練習会でも
少しずつ少しずつ形になってきている、鍵盤ハーモニカ合奏…


本番当日が楽しみです
どんな風に仕上がるかな〜

IMG_3638.JPG


大城


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © 沖縄 ピアノ教室|にじいろMusicSchool All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます